ホーム > アスロック商品一覧 > 工法・技術 > 地下二重壁工法

地下二重壁工法

地下二重壁工法

地下二重壁専用アスロックは、従来の押出成形セメント板「アスロック」に大幅な改良をカロえ、地下二重壁に特化したものです。従来品では課題とされた、軽量・安価・施工性向上を実現しました。

 

特長

施工性の向上

下地鋼材には、高耐食溶融亜鉛メッキ鋼板(ZAM)を使用した専用のC型鋼材を使用します。また、従来の溶融亜鉛メッキ処理アングルに比べ、軽量かつ施工性の向上を実現しました。

無溶接による取付け

留付金物は、従来のZクリップから「NPクリップ(溶融亜鉛めっき処理)」に変更したことにより、上向きの取り付けにおいて、無溶接を実現しました。
(特許第4105372号)

リフォーム工法 施工前と施工後
専用の点検口をご用意しております。

形状図

製品名(JIS呼名)

製品番号 形状および寸法
10mm凸凹目地用アスロック AL24050 10mm凸凹目地用
アスロック
フカシ工法
重量[kg/m2] 49 断面性能 断面積 [cm2] 150
働き幅[mm] 600 断面2次モーメント[cm4] 288
最大長さ[mm] 4,000 断面係数 [cm3] 144

製品名(JIS呼名)

製品番号 形状および寸法
10mm凹凹目地用 アスロック AL34100 10mm凸凹目地用
アスロック
フカシ工法
重量[kg/m2] 46 断面性能 断面積 [cm2] 142
働き幅[mm] 600 断面2次モーメント[cm4] 283
最大長さ[mm] 4,000 断面係数 [cm3] 142