ホーム > アスロック商品一覧 > 工法・技術 > LS工法

LS(Labor Saving)工法

LS工法

現場省力化工法

現場作業の軽減を目的に開発した業界初の省力化工法。層間部のアングル1本化工法により下地鋼材を1/2に減少。また、穴あけ・ガスケット張りを工場で施す「工場プレ加工」により、現場作業を大幅に軽減する施工省力化を実現しました。(特許出願済、意匠登録第1492070号、意匠登録第1512580号)

工期が30%短縮し、新人施工員が即戦力!?
業界初の省力化工法「LS工法」とは・・・

従来工法に比べて30%省力化

現場作業

「省力化工法」「工場プレ加工」の融合 -30%

従来工法に比べて30%省力化

取付下地を約1/2とした専用省力化工法と、二次防水のガスケットとクリップの穴明け加工を工場で施す工場プレ加工の融合により、30%の施工省力化を実現しました。

「省力化工法」「工場プレ加工」
取付下地2本→1本化の実現現場作業の削減
「省力化工法」「工場プレ加工」
従来工法ではパネル上下を2本の鋼材で支持するのに対し、LS工法では1本の鋼材で支持することができます。工場出荷前に二次防水工法のガスケットとクリップの穴開け加工を施す工場プレ加工対応により、現場作業を削減することができます。
||
現場作業
-30%

大地震にも安心の耐震性能

大地震を想定した動的層間変位試験では面内変形・面外変形ともに1/50radにおいて破損脱落がないことを確認しています。

「面内変形」「面外変形」
大地震にも安心の耐震性能

しっかりとした水密性能

外部のシーリングが劣化して破損した際にも、漏水とならないよう専用の二次防水システムを標準ラインナップしています。水密性能は従来のECP標準仕様1,500Paを凌ぐ2,750Paを有しています。

横目地は溝切り加工が不要な構造で、さらに特殊ウレタンガスケットを用いることで水の浸入をシャットアウト。また、縦目地ガスケット張りは工場プレ加工により安定した性能を提供。最大圧力2750Paを満たす水密性能を誇ります。

しっかりとした水密性能縦目地特殊ウレタンガスケット縦目地特殊ウレタンガスケット(T10T)
サイズ:W15×H15(mm)
横目地特殊ウレタンガスケット横目地特殊ウレタンガスケット(Y08Y)
サイズ:W15×H20(mm)

プレ加工導入による環境改善

プレ加工導入による環境改善

粉塵抑制による現場周辺の環境対策

クリップの穴あけは工場でのプレ加工で、溝切り加工は不要。現場での粉塵を大幅に抑制し現場環境を格段に改善するとともに、周辺への飛散低減により、建築主にとって重要な近隣対策にも寄与します。

ゼロエミッションに貢献

工場プレ加工により、ガスケットに貼られている剥離紙などのゴミが発生せず、現場でのゴミゼロ化が図れます。