ホーム > アスロック商品一覧 > アレスト

アレスト

一般建築向け外壁専用システム材

アレストは住宅専用材として5年以上の実績を誇る当社軽量外壁材の技術を応用し、一般建築(中層非住宅向け)向けに改良して、商品化した外壁専用システム材です。外壁材に要求される耐火性・耐候性・耐震性・遮音性・断熱性を更に向上させ、軽量化・低価格化を追求しました。
アレストの寸法は、厚さ 75 mm、巾 600 ・1000 ・ 1200 mm を標準として、長さは 5000 mm まで製品化しています。表面仕上げは、タイル仕上げ・塗装仕上げに対応しています。

特長

軽量

アレストはその軽量性を活かし、従来のアスロック厚さ 60 mm とほぼ同じ重量 70 ㎏/m2(比重 1.5)を厚さ 75 mmで実現し、製品の安定性を向上させました。

耐火性

建築基準法に定められた外壁非耐力壁に必要な耐火認定を取得しています。また、柱・梁との合成耐火構造では、弊社コーベライト(けい酸カルシウム板)やファイプル(無機繊維フェルト)といった乾式耐火被覆材との組み合わせることにより、現場で問題となる粉塵対策に寄与します。

断熱性

アレストは従来のアスロック厚 60 mm 品に比べ、素材の断熱性に優れ、かつ 75 mm の厚型化により外壁平均熱貫流率を約 14 %向上させ、空調の効率化や結露防止に貢献します。

表面仕上げ

タイル仕上げ

タイル仕上げ

タイル仕上品は、自社工場内でLIXIL社などの陶磁器質タイルを張り付け加工した製品です。
タイル張りには、弾性接着剤張り工法を採用しています。

塗装仕上げ

塗装仕上品は、最新鋭の自動塗装ラインを備えた専用工場で、低汚染型フッ素樹脂塗料を塗装の上焼付乾燥させた製品です。ソリッドカラーに対応いたします。

耐震性

地震時における建物の層間変位に対して、縦張りはロッキング、横張りはスウェーで対応します。

工法

特許第4481886号 Wクリップ 意匠登録第1259037号・第1259373号

アストレ横張り/アストレ縦張り

性能・認定

※認定番号をクリックするとPDF形式の認定書と別添をご覧いただけます。(不燃材料は除く)
※認定書類は「認定書」「別添」から構成されます。「別添」の書類の中で「消し線および×付け」で訂正されている箇所がありますが、この訂正されている書類は国土交通省発行の正式な認定書「別添」です。確認申請などに提出する場合、この書類のみが有効です。

項目 性能 試験方法・仕様など
素材比重(気乾状態) 1.5前後 JIS A 5441「素材比重、含水率
及び吸水率試験」に準拠
含水率(%) 11以下
吸水率(%) 20以下
曲げ強度(N/mm212.0以上 JIS A 5441「曲げ強度試験」に準拠
ヤング係数(N/mm21.8*104前後 -
衝撃強度 砂袋30kgfを2mから
振り子落下させ、
割れ・貫通亀裂なし
JIS A 5441「衝撃試験」に準拠
平均熱伝導率 0.44
平均熱貫流率 3.12
耐凍結融解性 200サイクル終了
後に著しく割れ・
膨れ・剥離がなく、
かつ質量変化率が
5%以下
JIS A 5441「耐凍結融解性試験」に準拠

アレストCADデータ