ホーム > 施工例 > 武蔵大学8号館

施工例

用途から探す
環境配慮施設
事務所
生産研究施設
商業複合施設
店舗
交通施設
教育文化施設
医療健康施設
宿泊施設
住宅
商品から探す
アスロック600
アスロック900
デザインパネル
グリッドデザイン
カラーフロン
カラーフロンメタリック
ルミセラコート
ニューカラリード
カラーセラン
ナチュリアル
ナチュリアルプラス
ATP(タイルパネル)
ソーラーウォール
グリーンウォール
レフスカイ
レールファスナー工法
ATH(タイルハンギング)
タイルデコ
ルーバー工法
現場タイル貼り工法
アスロックタフ
アルカス

武蔵大学8号館

武蔵大学8号館
武蔵大学8号館 武蔵大学8号館
施工年:
2002年
所在地:
東京都練馬区
設 計:
内田祥哉+集工舎建築都市デザイン研究所
施 工:
清水建設
外 壁:
レールファスナー工法 アガトス仕上げ
掲載誌:
建築技術2002年11月号
概要:
この建物は、武蔵学園キャンパスの中で最も中心的で大規模な建物であることから、大スパンで耐久性のある架構体を構築し、耐候性の高い材料で覆って、外部デザインの主役とすることをコンセプトに建設されました。この覆い壁として、アスロックレールファスナー工法を下地とし、INAX社のデュベルファスナー工法を用いて、同社の「アガトス」仕上げが採用されました。
  • NOZAWA NEWS
  • 建築雑誌に掲載された建築物