ホーム > 施工例 > みなとみらい線元町中華街駅

施工例

用途から探す
環境配慮施設
事務所
生産研究施設
商業複合施設
店舗
交通施設
教育文化施設
医療健康施設
宿泊施設
住宅
商品から探す
アスロック600
アスロック900
デザインパネル
グリッドデザイン
カラーフロン
カラーフロンメタリック
ルミセラコート
ニューカラリード
カラーセラン
ナチュリアル
ナチュリアルプラス
ATP(タイルパネル)
ソーラーウォール
グリーンウォール
レフスカイ
レールファスナー工法
ATH(タイルハンギング)
タイルデコ
ルーバー工法
現場タイル貼り工法
アスロックタフ
アルカス

みなとみらい線元町中華街駅

みなとみらい線元町中華街駅
みなとみらい線元町中華街駅 みなとみらい線元町中華街駅 みなとみらい線元町中華街駅 みなとみらい線元町中華街駅 みなとみらい線元町中華街駅
施工年:
2004年
所在地:
神奈川県横浜市
設 計:
鉄道・運輸機構東京支社建築課・伊東豊雄建築設計事務所
施 工:
熊谷、東洋、相鉄JV
内 壁:
レールファスナー工法 大型陶板仕上げ
アスロック600
現場撥水剤仕上げ
掲載誌:
日経アーキテクチュア2004年3月号
概要:
2004年2月に開業した「みなとみらい線」は、従来にない駅構内のデザインで話題を呼んでいます。中でも元町・中華街駅は、プラットホームに大空間を設け、壁面の陶板には開港当時の歴史的風景を刻み込み、出入口まで続けることで、あたかも「本」を読むような印象を与えています。この壁面陶板の下地としてアスロックが採用されたほか、昇降機周辺でも素地で採用されています。
  • NOZAWA NEWS
  • 建築雑誌に掲載された建築物