ホーム > 施工例 > 理科学研究所脳科学総合研究センター池の端研究棟

施工例

用途から探す
環境配慮施設
事務所
生産研究施設
商業複合施設
店舗
交通施設
教育文化施設
医療健康施設
宿泊施設
住宅
商品から探す
アスロック600
アスロック900
デザインパネル
グリッドデザイン
カラーフロン
カラーフロンメタリック
ルミセラコート
ニューカラリード
カラーセラン
ナチュリアル
ナチュリアルプラス
ATP(タイルパネル)
ソーラーウォール
グリーンウォール
レフスカイ
レールファスナー工法
ATH(タイルハンギング)
タイルデコ
ルーバー工法
現場タイル貼り工法
アスロックタフ
吸遮音ビルトインタイプ
アルカス
地域から探す
北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国・四国地方
九州地方

理科学研究所脳科学総合研究センター池の端研究棟

理科学研究所脳科学総合研究センター池の端研究棟
理科学研究所脳科学総合研究センター池の端研究棟 理科学研究所脳科学総合研究センター池の端研究棟 理科学研究所脳科学総合研究センター池の端研究棟
施工年 2004年
所在地 埼玉県和光市
設 計 池下建設
施 工 奥村、不動建設共同企業体
外 壁:
アスロック600
タスロック
概要:
脳科学総合研究センター(BSI)は、1997年に理科学研究所に、日本の脳科学研究において先導的役割を果たすことを目的として発足しています。BSIは4つの研究棟から成り、その1つの外壁にアスロックが採用されています。採用された品種は、フラット、デザイン(タスロック)、現場タイル張りと多岐に渡っており、春は桜に囲まれて美しい外観を形成しています。

同じ地域の施工例マップ

  • NOZAWA NEWS
  • 建築雑誌に掲載された建築物