断熱プラス

「アスロック断熱プラス」は、押出成形セメント板「アスロック」に断熱材「スタイロフォーム」または「ネオマフォーム」をあらかじめ工場で張り付け加工した断熱パネルです。従来の非住宅建築物における鉄骨造の外壁は、断熱性を確保するため、硬質ウレタンフォームを現場で吹付ける事が主流ですが、防耐火性(爆燃)・環境負荷の問題から断熱材の選定が重要視されております。また、国策のひとつである地球温暖化対策推進の観点から温室効果ガスの1つに代替フロンが定められ、グリーン購入法にノンフロン断熱材が適用されました。 本商品は地球環境にやさしいノンフロン断熱材を採用した、乾式外張り断熱工法です。

断熱プラス

特長

優れた断熱性能

鉄骨と耐火被覆を単独で取り付けることで、鉄骨造での「外張り断熱」を実現します。構造熱橋を最小限にし建物全体を断熱材で包み込み、室内住環境の向上と省エネルギーを実現します。

結露問題を解消します

鉄骨造の課題であった結露問題も外張り断熱を行うことで解消し、建物の耐久性を飛躍的に向上させます。

工期の短縮と施工の合理化が図れます

断熱材を工場で予め押出成形セメント板「アスロック」に張付け加工した断熱パネルを、従来のアスロックと同様の工法・工程・時間で現場取付けを行うことで断熱工事が省力化され、工期の大幅短縮及び施工の合理化が図れます。

内装工事の完全乾式化が実現できます

鉄骨造の耐火被覆材に巻き付けタイプ「マキベエ」を組合わすことで、内装工事の完全乾式化が実現でき、品質の安定・作業環境の改善に貢献します。

分離・分別が容易です

押出成形セメント板「アスロック」裏面に工場でセットされる断熱材は、専用金物とテープの併用で物理的に固定されている為、将来的に建築物を解体・改修をおこなう際には、押出成形セメント板「アスロック」と断熱材が容易に分別できます。

熱橋のない「外張り断熱」が可能となります

一般的な鉄骨造りでは、柱・梁に複合耐火を適用することで、柱・梁前部が構造熱橋となり、熱損失及び結露の可能性がありました。アスロック断熱+では、鉄骨の耐火被覆に乾式巻き付け材「マキベエ」を独立被覆することで、熱橋のない連続した断熱となる「外張り断熱」が可能となります。

外張り断熱
アスロック断熱+(マキベエ耐火被覆)
外張り断熱 アスロック断熱+(ファイプル耐火被覆)
冷気が鉄骨部まで達しないため結露の発生がありません。また暖気を放出しにくいため、室内環境の向上と省エネルギーを実現します。
一般内断熱
(吹付RW複合耐火被覆)
一般内断熱(吹付RW複合耐火被覆)
鉄骨部より冬場熱損失が起きます。また冷気が鉄骨部まで達するため結露が発生します。